プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『愛のまほう』の感想メール第二弾です(*^o^)/\(^-^*)


みなさん、こんばんは~ハザマ紅実です(^-^)/


今日はまたまた感想メールを紹介させて頂きますね(*^^*)


今回作品を読ませていただいて、
健常者の何気ないひとことが
障害を持つ方を傷つけてしまうことがあるんだなと思いました。


「元気で丈夫な赤ちゃん産んでね」と言う言葉は

邦子さんにとっては
自分(邦子さん)が障害があるから、

産まれてくる赤ちゃんは障害ないといいね、と

言われているような
気になる言い方だったんだと思います。



でも、そのあと
「どんな子でもちゃん育ててみせる!」

って邦子さんが決意する場面、とても素敵です。



邦子さんのご家族、息子さんたちは
言葉で伝えるのが困難でも
笑顔で気持ちを伝えようとしていて

それは邦子さんのお母さんが
やっていたこととまったく同じで、

櫻井さんファミリーにはそれが
脈々と受け継がれているんだと思いました。


作画もいつも力いっぱい、出てくる人たちの表情が
とても素敵です。


力作ありがとうございます、お疲れ様でした!

(群馬県・CNさんより)』


『本買いました(*^o^)/

今回は邦子さんのお母さんに感動しました

自閉症児と難聴児を抱えたお母さんには、
サポートはいたんだろうかとか考えて…

自閉症児の奇癖は想像を超えるものがあるだろうし…

なんていうか、今までのとは作品とはまた少し違って、

親の気持ちになりました。
またもう一度読みます(*^^*)
勿論、すごく良かったです!


お母さんは健常者で障害児を育てた
邦子さんは自分に障害があって、健常児を育てたんですよね


それも、いろいろ考えさせられました


障害に負けない邦子さんを育てたのは、
勿論邦子さん自身でもあるけれど、

やはりお母さんが邦子さんを支えてきたからこそ、

前向きに生きる強さが育ったのは、間違いないと思います。


邦子さんもそうして、子どもたちに伝えていくのでしょうね


母は偉大ですよね

でも、きっとそのお母さんを支えてくれた人も必ずいたのですよね?


お父さんや姉妹や…

だけど、本当にお母さんに生きる勇気を与えたのは、
邦子さん自身かもしれないですねp(^-^)q
(東京・TCさんより)』


※東京のTCさんには知的障害者のお姉さんがいます。
両親を亡くされた今も、お姉さんを姉妹たちで支えあっているので、
櫻井さんのお話は、とても身近に感じられたようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。