プロフィール

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウーマン劇場10月号のお知らせ(*^o^)/\(^-^*)


みなさん、こんばんは~ハザマ紅実です(*^_^*)


今回てがけていた、愛シリーズ第5弾が明日

9月6日(土曜日)に全国の書店、コンビニ(セブンイレブン他)で発売されます\(^o^)/
(書店にてご予約頂けると入手がスムーズです。
またネットAmazonでも取り扱っております。)



『ウーマン劇場10月号』(竹書房発行)

巻中カラー103ページ
「愛の絆(ロープ)~
北京パラリンピック日本代表盲人マラソンランナー
~新野正仁・紀代美夫婦物語」



定価620円
今回の表紙は私、ハザマ紅実のイラストです(*^^*)

よろしかったら是非お手にとってみて下さい(*^_^*)

※内容一部紹介

事故にあい失明した正仁さんは盲学校に転入し弱視の紀代美さんと出会います。



世話好きで明るい紀代美さんは、同じ寮生となった正仁さんの面倒をみるうちに仲良くなり結婚



しかし結婚後、二人の生活は嫁姑戦争や家のローンの支払い、
開業した治療院等々

問題は山積みでした。


二人は窮地に追い込まれながらも

前向きに明るく助け合いささえあい夫婦の絆を深めていきます。


正仁さん41歳、紀代美さんが39歳の時
お客さんに薦められたことがきっかけで
マラソンを二人で始めることになりました。


そして紆余曲折を得て10年

正仁さんはとうとう北京パラリンピックへの
日本代表選手の座を獲得したのです!


今は視力もさらに落ち白杖を使いだした紀代美さんですが


今なお、正仁さんを支え
自身も国際マラソンランナーを目指し頑張り続けている
元気いっぱいの障害者アスリートなのです(*^^*)




※読んで下さったみなさま、
もしよろしかったら雑誌の巻末にあるアンケート用紙に
感想を書いて投函していただけますと、とても助かります(*^^*)



新野正仁さん紀代美さんにもアンケートの感想が届きますので
アンケート宜しくお願い致しますm(__)m
プレゼントが当たるかも\(^o^)/




♪♪ついに明日から北京パラリンピックが開幕されますね!



マラソンは最終日、閉会式の17日水曜日です。


是非みなさんも日本からの熱い応援お願いします\(^_^)(^_^)/





そしてそしてフォーダブルブログ事業部のボス!


日本代表選手の主将であられ

車椅子バスケットボールのホープ!
京谷和幸さん率いる
椅子バスチームに熱い熱い応援をお願いしまーす(*^o^)/\(^-^*)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。