プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近況報告と感想メールの紹介(~o~)



みなさんこんにちは~ハザマ紅実です\(^_^)/



今、ハーレクインの方の原稿の追い込みに入っています!

年末進行なのに、だいぶ遅れてのギリギリ状態で

いつもながらはあはあしてます(笑)

他にも
手話講習会では
学習発表会等もあり、
私のグループでは、

今回の漫画で取材させていただいた

たましろの郷(ろう重複障害者入所・通所施設)を担当

準備や手話の練習等々、
色々ありました。


またウーマン劇場では
来年に向けての作品が決まり、


今まで描いてきた作品の単行本の話他、

色々な動きがあり
ワクワクドキドキの展開です\(^_^)/


☆さて、感想メールの紹介の方も
大変遅くなりましたが、

とても有りがたく本当に素晴らしい感想を頂き、

私も感激しています。

ありがとうございましたm(__)m



ではでは一部紹介させて頂きたいと思います(^-^)


以下感想文です\(^_^)/




【耳が聞こえないということは、

耳からの情報が入ってこないんだという、


当たり前のことが、改めて認識できました。


そうして、そのために、
命の危険にさらされることもあるのだと…


どんなにか恐ろしいことなのかが、
読んでいて、ひしひしと伝わってきた


私の家族にも障害者の姉がいますが、

自分の子供の頃も(昭和40年代)
まだまだだったから、
身につまされるような気持ちでした。

私の兄弟たちも
ずいぶん障害者の姉のことでいじめられました。



今回の主人公の吉田加代子さんの
お義母さんのことも、

嫁いびりは昔はよくあったことなんでしょうね、

お義母さん自身が幸せではないから、
人に優しくできない、

お義母さんは、本当はとても幸せななかにいたはずなのに、


人間て愚かなんだなと思いました。


私には、今までで一番、身近に感じた作品でした。


上手く言葉が見つからないけど、

主人公の加代子さんに
もっとも感情移入したような気がします。

気負わない生き方にいとおしさを感じました。


いつもながら、今回も、

事実に忠実に、

そして彼らの人生を尊重して描いている

ハザマ紅実先生の真摯な姿勢と愛情深い目線に、


素直に感動させてもらいました。

自然に涙が流れました。

本当に、いい作品でした。

東京都・TCさんより】




【ウーマン劇場12月号、拝読させて頂きました。


『愛は無限』の吉田さんご夫妻の

お互いに相手を大切に思う気持ちが、

なんとも言えず暖かくて微笑ましくて美しくて、

とても感動しました。


それに障害をものともせず、

弱い立場の人を思いやり、
そのために奔走するお姿には心を打たれました。


実生活においては、
多分自分ならダメだろうなと思うことでも

やってのける強さが加代子さんにはありますね。


ホントにすごいことだと思います。

実は、博文さんのお母さんの態度には少々ムカつきました。

何で、そこまで意地悪するのかなと…。


でも、ご主人は加代子さんのことをちゃんと見抜いていましたね。

さすがですね!


ご主人の博文さんの急逝はとても残念ですが、

念願のたましろの郷も完成し、

きっと加代子さんの心の中に生き続けて応援されていることと思います。

加代子さんにはお子さんもお孫さんも沢山いらっしゃいますね。

皆さんと仲良く博文さんの分まで長生きして下さいね。


ハザマ様、
吉田さんご夫妻は素晴らしい方々ですね。

そんなご両親を持つお子さん達は幸せです。


私も心の中では、いつもボランティア精神だけは持ち合わせているんですが、

なかなか形というか、行動で示せません。

あっ!と気が付いたときはもう遅くて、

もっと周囲を見渡さなくては…と反省ばかりです。


ハザマ様のマンガは私にとって、

気づきというか、問題提起のきっかけになります。

これからも素晴らしい方々のことを教えて下さいね。
広島県・TYさんより】




【ウーマン劇場読みました!


色んなシーンで山場があり

そのたびに号泣してしまいました(涙)


読んでいた時、
1人だったので
何度も何度も読み返し泣きました。

100ページもあるのに
一気に引き込まれて読んでしまいました。


本当に素晴らしいお話でした!

みんなにも是非読んで頂きたいと思いました(^-^)

東京都・Tさんより】



他、たくさんの方々から良かった!泣いた!等感想を頂きましたm(__)m

今回の作品の中でたましろの郷のことがでてくるのですが


学習発表会でも一番みなさんに伝えたかったことは

相手の立場になって考えること

お互いに愛をもって支え合うこと

そしてその為に何ができるのか?

がテーマでした。

私自身も考えさせられることがいっぱいあり


今回の作品は長い時間をかけて、取り組ませて頂きましたq(^-^q)

なのでこのような感想を頂けた時は
とても漫画家冥利につきますね!



本当にありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。