プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名もなく貧しく美しく



みなさん、こんばんは~(*^^*)ハザマ紅実です


昔、花王愛の劇場で
ろう者の夫婦の当時(戦後まもない頃~)の生活を描いた

『名もなく貧しく美しく』というドラマを見ていました。


しかし、つい最近、そのドラマは

先に映画であったことを知り
ネット通販Amazonで購入し、観ました!!


資料としても観ておきたかったし、

今回の主人公の吉田先生も、
昔この映画が上映された時みていたものだったので


オイラも是非ともチェックしておきたかったのです。


秋子役の高峰秀子さんの演技というか表情に

なんともいえずひきこまれてしまいました。

古き良き日本人の

健気で清純で美しい精神と

立ち居振る舞い


何もかもが美しく真摯で真っ直ぐで切なくて・・


ろう者同士の結婚
貧しくても必死に
懸命に生きる姿


その日1日を夫婦で支えながら頑張る姿は

本当に美しいものでした


耳が聞こえないために起きてしまった不幸もたくさんありますが、


秋子の兄や妹が健常者でありながらも


幸せとは言えない道を歩んでいるのも対照的に描かれていて


幸せとは何かを考えさせられます。


秋子の夫の道夫が

秋子が自殺を考え家を出てった時に、必死に追いかけて

なんとか間に合い
電車の別々の車両で向かい合いながら
手話で語ったセリフ


『私たちのような者は1人では生きていけません。

お互いに支え合いながら助け合いながら生きていきましょう』



と言ったシーンは

感動で涙が溢れました(T_T)


町の情景も当時の年代そのもので

なにもかもが、一生懸命だった時代で


画像がモノクロで

影と光で写し出される映像は

懐かしく本当に素晴らしかった。


みておいてよかった!!


心が少しだけキレイになったような気がしました(*^^*)


名もなく貧しく美しく

今よりももっと困難で苦しい時代を

障害を持ちながらも強く清く健気に生きている人たちが
ささえあい助け合いながら生きていた


この映画は今の時代を生きている人たちにも

きっと勇気を与えてくれる作品だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。