プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛アリガトウの感想第二弾です(*^^*)



みなさん、こんにちは~(*^^*)ハザマ紅実です。



また素敵な感想を頂きました。
本当にありがとうございますm(__)m


健さんファミリーはじめ、
健さんの友人のろう者の方々も感想ブログを読んで、

とても感動したとのメールを頂きました。


嬉しいですね!(*^o^)/\(^-^*)


第二弾の感想も届いておりますので是非読んで下さいね(^_^)v



ではでは以下感想文です。



【井上健さんさんの子供時代から描かれていて

感情移入して読めました(^^)

母親が将来を悲観して死まで考えたのを、

周りの人の助言で立ち直っていき、

伊藤さんのお母様も人並ならぬ苦労があったと思います。


幼い健さんが初めて言った「オカアサン」の一言、



死の間際にお前があの一言を言えた時が
一番嬉しかったと明かすところ、

母親の子供に対する愛を感じ涙が溢れました。


漫画を通してろう者に対しての世間の冷たさ、

理不尽なことがあると知りました。


融資の条件が厳しい、

交通事故にあったろう者が自分の言い分を聞いてもらえないなど、


健常者の驕りだと思いました。


健聴者の妻をもらえば通訳になってもらえるという道もあったのに、


同じく耳が不自由だけれども愛する美恵子さんと結婚し、


健常者とろう者の架け橋となるべく
活動を続ける健さん美恵子さんご夫婦に
いろんな方が勇気づけられたと思います。


できないと諦めて、
自分で可能性を狭めては駄目なんですよね。


前向きさを思い出させてくれる素敵な漫画をありがとうございましたm(__)m


先生の漫画から健さんさんのお人柄が伝わってきました。

先生の漫画には人生が詰まっていてすごいです

(群馬県・CNさんより)】




【とっても良かったです(ToT)


大変な事が山ほどあったのに…(T_T)

漫画の中では、悲愴感漂わなくて
苦しい事ばかりしか見えない将来に

不平不満を言わず

ただ前を向いて、歩んで行った道は、

麗しいと思いました(*TーT*)


清らかな心で自己犠牲を惜しまずに

他の人の為にもご夫婦で立ち向かう愛は

感謝の輪が広がって・・


奥様が亡くなった(TT)今でも

健さんは多くの人の心に太陽の様に

暖かい光を与え続けているんだと思いました☆


ハザマ先生の漫画をとうして、全国に広がって行く事は素晴らしいですね!
(東京都・RYさんより)】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。