プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090508191657
虹が出た(*☆*)


今、南の空に虹が出ました!!



虹と言えばオイラが思い出すのは


聖書の創世記中に出てくる

ノアの箱船の話です(*^^*)



世界規模の大洪水が続いたあとに、

箱船に乗って生き延び残った人間、
ノアの家族八人の前に虹が出て
神様が二度と大洪水で地の民を滅ぼさない、と約束するシーンです。



ノアの箱船のお話を簡単に説明しますね(*^^*)



あまりにも人間たちが終始悪に向かい暴虐に満ち堕落したのを見た神様は

人間を作ったことを後悔し嘆き悲しみ


大洪水を起こして地の民を滅ぼしこの地からぬぐい去ろうと考えました。


でもとても義にかなった信仰心の厚いノアに目を止めた神様は

ノアに箱船を作らせ
ノアとその家族は滅ぼされずにすむようにされます。


ノアは作っている長い期間、大洪水がくるからと民たちに伝えていました。


けれど誰もノアの言うことを信じないで
むしろ馬鹿にしたりののしっていたのでした。


そしていよいよ箱船が完成し動物もつがいで全種類乗せ終わると


天の水門が開き雨が降りだしました。


それまで雨など降ったことがなかったので

民たちは大慌てで船に乗ろうと思いましたがすでに時遅し・・



こうして40日間も雨が降り続け大洪水が起きました



その後雨が止み徐々に水が引けていき


ようやく地が乾き、
ノアたち家族と動物たちが船から出てきました。



そして神は言われます


『~まことにわたしはあなたがたに対して契約をたてる。
もはや大洪水が起きて地を滅ぼすことはない。


~わたしの虹を、わたしはわたしは雲の中に確かに与える。

それはわたしと地との間の契約のしるしなのである。

そして、わたしが地の上に雲を起こすと、その時虹が必ず雲の中に現れるようになるであろう。


~そしてわたしは必ず、わたしとあなた方および
全ての肉なるもののうちのあらゆる生きた魂との間の自分の契約を思い出す。


もはや水が大洪水となって全ての肉なるものを滅ぼすことはない。』



うう~ん、虹ってロマンチックな感じの自然現象に思うんだけど、


聖書の中では虹ってこんないきさつがあったんですね。


はじめて読んだ時にビックリして、

今でも虹がでると

ノアの箱船のシーンが思い出されるんです(*^^*)


虹って綺麗で大好き☆

自分の心も雨で一掃して
虹のように素敵できれいな色で満たしたくなるオイラでしたp(^^)q


色々心がにごったり黒くなっちゃうことあるととくにね(笑)
スポンサーサイト

コメント

ほーぉー

神様と地との間の契約のしるし。

紅実さんって、物知りですね。

勉強に成ります。
ありがとうございます。

ふじたさんへ

いつもブログ読んで下さってありがとうございますm(__)m
ふじたさんのブログで自分を大きくみせないことが幸せ・・って言葉、
オイラも本当にそう思います。
きさくでピュアな人っていいですよね(*^^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。