プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうの奇跡


こんにちは~ハザマ紅実です(*^_^*)
最近「ありがとう」という言葉にはスゴい力があるんだよ!
という情報が知人や本等アチコチからはいってきました(☆。☆)

日本一のお金持ちで有名な斎藤一人さんは
「ありがとうというとまたありがたい、と思うことが起こる」
といっています。

宇宙方程式の研究で有名な小林正観さんは
「ありがとうを自分の年×一万回いうと、一段階上の奇跡が起こる」
といっています。

これはおもしろそうだ☆自分も試してみよう!と思いました(;^_^A
私は、「これやってみるといいよ」と言われると素直なので
(ただのアホかもしれませんが)やるタイプなのです。

お金もかからないし、ただ言っているだけでも効果があるなら、スゴいですよね。
しかもどんな奇跡が起こるかわからないんですから、メチャクチャ楽しみです

ただ言っている途中で、悪口、愚痴、泣き言、
不平不満、文句を言ってしまったら、ち~ん!と宇宙で音がして、
振り出しに戻ってしまうそうです
でも10秒以内に「今のなしなし」というと、
カウントはそのままになるということなので安心してください(^^)v

私は2000回くらい言うと、家庭内の出来事で、ついうっかり、
ぶつくさつぶやいてしまうことがあるので、
しょっちゅう「ち~ん」と音がなってしまいますが(笑)

今までにもたくさんの不思議な出会いがあつたのですが、
車椅子バスケの日本代表選手の京谷和幸さんにお会いできたり、
さらに京谷さんの紹介で、あの「スラムダンク、バガボンド、リアル」で
超有名な井上雄彦先生に会えることになったりと奇跡の連鎖が!!(☆▽☆)

そして気付けば日常でも仕事でも臨時収入や、
たくさんの人たちの助け、ありがたいことがたくさん!
感謝することばかりです


波動研究家、足立育朗さんの水の実験でもありがとうの奇跡は実証されています。
水を入れた二つのビンの、一つにありがとう、と書いた紙をはり、
もうひとつには、ばかやろう、と書いた紙をはって一晩置くと、
水の結晶に違いがでていたそうです。

ありがとうと書いた方は、綺麗な結晶になり、
ばかやろうと書いた方はぐちゃぐちゃになっていたのです!(私は写真でみました)。

他にも小学校三年生の女の子が夏休みの実験で野菜で試した所、
元気になーれと声をかけた野菜は長い日数綺麗なままで、
腐れ!と声をかけた野菜は腐ってしまい、
無視した野菜は一番激しく腐ってしまいました。(恐~)

そしてこれらの実験でわかったことは、
人間の体も70%が水分でできているので、
同じ反応を示すということです。

ぎゃ~~( ̄□ ̄;)!!

人間が一番恐いのは無視されること(孤独、分離不安)で
自殺してしまうこともあるくらいですから、無視はダメですね(T_T)

そして悪い言葉も言い続けると、病気になったりしてしまいます。
でもありがとうを言い続けた人は、ガン細胞さえもなくしてしまったという結果があります。ガンではないですけど、私の経験から言っても、これは当たっています。

すでにこのことを知っている方もたくさんいるかもしれませんが、
うまくいかないで、しょんぼりしている方がいたら、お薦めです(^^)v

なによりもありがとう、という言葉は言う方も言われた方も気持ちいいものなので、
人間関係もよくなるし、仕事も円満、ガンバっている人には、
きっと神様が味方してくださると思います(*^_^*)


長文になってしまいましたが、
ここまで読んで下さった皆様ありがとうごさいましたm(__)m

読んでくださった方々にたくさんの奇跡か起こりますように!
(何ごともなく、平穏無事に一日を過ごせたことが一番ありがたい奇跡ともいえますね!!)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。