プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発しても大丈夫



こんにちは~みなさん☆ハザマ紅実です(^_-)


恥ずかしながら・・やっちゃいました(^o^;

怒り爆発(◎□◎)(笑)


何かプライドにかかわることや、ネチネチ攻撃にはめっぽう弱いオイラ・・いえ私・・


人間てつくづく感情の動物たなって思いました。汗


人間だもの
マイナス感情になる時だってあるさ(;^_^A


でも大丈夫
私にはズルズルひきづらないとっておきの方法があるんです!


西田文郎先生のご著書
「ツキの大原則」を読んだ方はご存じかもしれませんが

マイナス感情をプラス感情に変える方法のひとつに「イエス、バット方式」というのがあるんです。


それは、まず自分のありのままの感情を肯定してあげること!(イエス)

なぜならいきなり自分の感情を否定したり、されたりすると人間の脳は拒否反応を示すからです。


頭ごなしにお子さんを怒るとますます言うことをきななくなったり、愚痴をいう人に「やめたほうがいいよ」といったら逆切れされた経験・・ありますよね?


なのでまずは気持ちを理解して受け入れてあげる必要があります(^O^)
(自分にも人に対しても)


「ギャ~~~」とやっちゃったあとに
仕方ないよ・・
わかるよ、その気持ち。人間だもの
と受け入れる

これがイエス


そして、その後に
「でも・・自分にも非があった。もう悪いこと言ったりしたりしないようにしよう!大丈夫、また明るく元気にツイテルツイテル」


と気持ちを前向きにする言葉と、ボディアクション(例えばピースとかガッツポーズなど)をすればOK((^^)v)

人間の脳は、でも・・(BUT)と言ったあとしか覚えてないそうです!!


だから夫婦ケンカしたあとも、あんなやつ大嫌い、顔もみたくない!口もききたくない!フン( ̄^ ̄)

と言ったあとで

でも・・愛してる☆


というと、愛してる!のあとしか残らないので(笑)
仲良しでいられるということです。


もしまわりでぎゃ~~ってなってしまった人がいたら・・
火に油を注ぐことはせずに、落ち着くまでまずは話を聞いてあげしょう(^-^)


イエス、バット方式

ほんとにこれで私はいつも助けられています。
西田文郎先生に感謝です(^-^)

ツキの大原則

ほんとに超~~お薦めです\(^O^)/
ちなみに斎藤一人さんも奨めていますよ(^^)v

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。