プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎朝たったの15分で夢が叶う!!


こんにちは~みなさん☆ハザマ紅実です(^_-)


夢を実現させたいけど
中々心に火がつかない

夢もないし何をしたらいいかもわからない


そんな方に超お薦めの
奇跡を起こす本が

今日発売!!
されました!!



全国で話題になっている

奇跡を呼ぶ男


本気の朝礼で
有名な
居酒屋「てっぺん」の
大嶋啓介社長が書かれた


夢を実現させる為の
ノウハウ本です!!


「スタッフの夢とやる気に火をつける!
てっぺんの朝礼」
大嶋啓介著
(日本実業出版社)


大嶋社長は、どでかい夢を実現されるために

本当にたくさんのたゆまぬ努力と


非常に大きな試練をくぐりぬけてきた人ですp(^^)q


若い頃、大嶋社長は
夢を実現させるために
新婚ほやほやだったのですが


単身、東京にきて
ある飲食店の店長を
任されていましたが


若い大嶋社長は

年上はかりのスタッフには
馬鹿にされうまく行かず、

プライドの高い料理人からもいじめにあっていました


でも自分の夢を叶えるためだ!・・と

頑張って頑張って頑張り続けました!!o(^-^)o


ところがあまりのストレスの為に
何ヵ月も高熱が続いたり
病気にもなりました。


でも仕事を休むことはできないので

さらに頑張り続けました・・・・


結婚していたにもかかわらず
家(故郷)に帰れるのは
一ヵ月か二ヵ月にいっぺん

妊娠中の奥さんにも
淋しい思いをさせています・・・


とうとうくじけそうになって弱音をはいてしまったこともあります(T_T)


でもそんな時、奥さんは


「淋しいからって啓ちゃんの夢を壊すワケにはいかない!


あたしには何もないけど
啓ちゃんには大きな夢がある!!

啓ちゃんの支えになりたい。

あたしなら大丈夫だから
ガンバって!!」



と奥さんは励ましてくれたそうです(T▽T)



そこで大嶋社長は
全ての休みを返上して


成功の為のありとあらゆる
セミナーに通い勉強し

たくさんの成功者たちに会い

どうしたら上手くいくか!
どうしたら夢を叶えることができるか?

のノウハウを学び、実践し、
体得しました!!


☆☆そして独立☆☆


それらのたくさんの学びからノウハウを生かし


凝縮してできたのが


☆☆本気の朝礼☆☆


毎日たったの15分で

スタッフの夢とやる気に火をつけるのです!!


あまりにも素晴らしいスタッフたちをみた人たちは

よくこう聞くそうです


「てっぺんのスタッフは

能力の高い人たちばかり集めたんでしょう?」


「すごいやる気満々の人だけ集めたんでしょう?」と


・・でも違うんです


ごく普通の子ばかりで

笑顔もなかった子


夢もなくなんとなく
働きにきた子


親孝行なんて一度もしたことない子
(親に迷惑ばかりかけてきた子)

だったんです(*^_^*)


その子たちが

大大大進化
大変身!!


夢にむかって
バリバリ働く


キラキラ輝く
スーパーパワー人間に
なったんです(^^)v



若い頃の大嶋社長のように
うまくいかず悩んでいる人はとくに超ラッキーです!

大嶋社長がした、ものすごい努力が、
たったの15分で、
できるようになるんですから\(^O^)/



大嶋社長の本を読んで
実践すれば

あなたもワクワク
奇跡の大変身\(^O^)/


一人でも多くの方の夢が叶いますように・・・


一人でも多くの方の人生が素敵なものになりますように・・


祈りをこめて

「てっぺんの朝礼」を
紹介させて頂きましたm(__)m

お手にとって下されば幸いです(*^_^*)

ありがとうございましたm(__)m

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。