プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アシスタント修業?

こんにちは~みなさん☆ハザマ紅実です(^_-)

私は高校二年の頃から、出版社に持ち込みを始めました。夏休みや冬春休みを利用して描いていたんです(*^_^*)ちなみにこの原稿は初投稿の表紙です(恥)

持ち込みをしている時に、ちょうど週刊連載をしているK先生が、
臨時のアシスタントさんを募集していたので私が行くことに決まりました。

お手伝いに行くと、たくさんのアシさんがいて、そのアシさんたちは他の先生のお手伝いもしているので、
次々とアシさんネットワークで、私にも色んな先生から声がかかるようになり
編集さんからも頼まれ臨時でお手伝いにいく機会が増えていきました(^O^)
毎回色んなとこに旅にいくような気分で新鮮でした(o^o^o)
当時は仕事に行ったら、寝れないのは当たり前なので、3日間で一時間睡眠とか、1時間寝れればいいほうでした。(まれに寝かせてくれる余裕のある先生もいましたが)もちろんお風呂なんか入れません(;^_^A

ご飯もラストの日は食べられないこともあり、お菓子を時々ポリポリ・・
漫画家は厳しく過酷なのが常で、耐えるのが当たり前だったので、
他のアシさんも、誰も眠いなんて言わず、眠さをふきとばすために
怖~い話や爆笑の話をしながら頑張っていましたp(^^)q
しかし、ある時徹夜が続き私に強烈な睡魔が5秒置きに襲ってました(-_-)zz
何度も手が止まり能率が下がるので、
先生に「30分だけ寝てもいいですか?」と聞いたら

「ええい!役立たずめ!寝てしまえ!!」
とK先生は切れてしまいました!!ガビーン( ̄□ ̄;)!!
その衝撃で私の目はパッチリ(◎▽◎)原稿が上がるまでの10時間元気でいられました(笑)
先生はあとで「ごめんなさいね(T_T)」と謝っていました(^^ゞすでに全然気にしていなかったんですが、今でも眠くなると思いだす良い思い出です(*^_^*)

この先生の口癖は「絵はかいているうちに上手くなる」でした(^^)v
私も今だに同じことを言ってます☆
現在プロ指向の方で、自信のない方、私のこのヘタなイラストを見て超~自信つけちゃって下さいね(^O^)/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。