プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の障害


みなさん、こんにちは(*^_^*)ハザマ紅実です


私のハーレクインコミックスを紹介します☆
「狙われた秘書」宙出版発行(エメラルドコミックス)


ハーレクイン小説の原作をもとに、ハザマ流にアレンジし描いたものです(^-^)

主人公たちヒーロー、ヒロインには
必ず愛の障害となるものがあり
その障害をどうやって克服し解放するかが
話の醍醐味となるわけです。

この狙われた秘書では
若いヒロインの男性に対する不信感がヒーローとの恋愛の障害となります。

ヒロインは過去に一晩の過ち?により妊娠し
それがきっかけで子供の父親になるはずの恋人は
彼女から去っていってしまいました。


ヒロインは一人で子供を育てることを決意するのですが、

恋人に裏切られたことにより「男は信用できない」「もう二度とこんな過ちは犯さない」という思いを強く抱くことになります。


それ以来彼女は二度と男性を信じない
子供と二人だけの生活を大切に生きていきます。


ある時働いている会社の社長であるヒーローのアプローチにより

それまで何度も男を拒み続けてきたヒロインでしたが
彼とのふれあいの中で真の幸せというものを体験し

とうとう最後には今までの思い込み、信じ込んできた男への不信感から解放され
ハッピーエンドとなります(^_-)


今日コミックスの紹介をしたのは、実はこの
思い込み、信じ込み(ビリーフ)について
お話したかったのです☆


ここでは、幸せを誰よりも望んでいるのに
この非合理的ビリーフ
(男を信用してはいけない)という主人公の思い込みが恋愛のネックになっていますが

みなさんの中にも、なぜか恋愛がうまくいかない、
愛してるのになぜか別れてしまう・・
といった経験をされているかたもいるかもしれませんね。

そういうかたは、「非合理的ビリーフ」に縛られている可能性があります・・・


「鏡の法則」を書かれた
野口嘉則さんの著書
「幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」の中で

世紀の大スターマリリン・モンローも
非合理的ビリーフのせいで幸せになれなかった一人として書かれています(-_-;

名声もお金も地位も手に入れながら
男性遍歴を重ね、最後は謎の死を遂げてしまうモンロー。


誰よりも恋人に愛されることを望み
幸せになりたいと誰よりも願っていたのに、
なぜ彼女は幸せになれなかったのか?


モンローは生後まもなく親戚に預けられることになりました。

母親と暮らした時期もありましたが母の発病により16才になるまでの間に
10ヶ所以上の家を転々としたそうです。

養育者たちのおおくは彼女をかわいがり愛を注いでくれましたが

たらいまわしにされた彼女にしてみれば
愛してもらったと思っても別れがくる

愛は続くものではなく

「愛は失われるもの」
と思い込んでしまった(T_T)


そのためモンローは大人になっても
「愛は失われるもの」というビリーフを持ち生きていたため

愛する人との幸せは長続きせず
相手から拒絶されるような態度をとってしまい
相手の態度が変わると

次の男性を探し次から次へと変えていってしまったのです・・(T_T)/~


自分の恋愛のネックになっている
非合理的ビリーフがなんであるかを突き止めることができれば

今までうまくいかなかったワケがわかり
自分の持っている信じ込みを弱めてあげることが可能になります(^◇^)


では弱めるにはどうしたらいいか?というと

例えば「恋人は私に優しくあるべきだ」
という思い込みを

合理的ビリーフ「恋人はできるだけ私に優しくしてくれたらありがたい」
というあいまいなものにするのが大事です(^_-)

このあいまいさがあるからこそ臨機応変に対応することができるということです(●^o^●)


私も今思えば幼少時に
父がいつも浮気をしていたのが原因で
母親とケンカになり
普段大人しく優しい母が「飛び降りて死ぬ~」
と泣いていたことがすごくショックで

そのせいかわかりませんが、男性がイマイチ信じられなくて

「男はいつか浮気をして私を裏切る」という
思い込みを持っていました

でも誠実さを感じる人を好きになり、ありがたいことに今は全然心配ないですけどね(^^)v

もし非合理的ビリーフを持ってる!と感じる方がいたら

合理的ビリーフに置き換えてみて下さいね~(⌒▽⌒)ノ"

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。