プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミルコのひかりo(^-^)o


みなさん、こんばんは~(*^_^*)ハザマ紅実です


今日はやっとこ楽しみにしていた映画
「ミルコのひかり」を観てきました(^_-)


イタリア映画界屈指の盲目のサウンドデザイナー

ミルコ・メンカッチの少年時代を描いた感動作!!


不慮の事故で視力を失ったミルコは
全寮生の盲学校に転入。

生活に馴染めない中、
テープレコーダーを発見したのをきっかけに
様々な音を録音しはじめる。

音との出会いがミルコに新しい希望の光をもたらすのだった。


希望のない盲学校の拘束された規則を破りながら
(みんなで映画を観に行ったり(^_-))


仲良しになった女の子が考えたシナリオ、
級友たちと創るイメージサウンドは
先生、子供たち、学校全体に明るい光を呼び起こしていく。


イタリア気質の前向きな
希望をつかむプラス思考が
とても気持ちよく描かれていて

トスカーナ地方の美しい田園地帯は
観ているだけで感動で涙があふれてくるほどでした


それからおもしろいことも発見!


子供たちが創作劇でドラゴンと闘うシーンで
「目をつぶれば恐くない!相手の姿が見えるから恐いんだ!」
ってな感じのことを言うんです(*^○^*)

普通は見えないことが恐いんだけど、見えると逆に恐くなることもあるんですね!!なるほどな~って


よかったら是非観にいってみてください。



ネットで視覚障害のことを調べていたら
偶然この映画のことを知り
上映されたばかりだったので、すごいビックリして
(こういうのをシンクロニシティーっていうのかな)観にいったんですけど


観れて、ほんとによかった!
嬉しかったです(*^_^*)



ミルコを理解してくれるジュリオ神父さんのセリフが心に響きます


ある偉大な音楽家が、
演奏する時瞳を閉じていた
音楽に耳を澄ませるためさ
見えなくても

音や言葉を聞いていればわかる

からだ全体で感じる

五感をいっぱいに使うんだ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。