プロフィール

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手話講習会初級開講式



みなさん、こんにちは~(*^^*)ハザマ紅実です。



今日の午前中、手話講習会の初級開講式に行ってきました(*^^*)



晴れててきもちよく久しぶりにチャリで外出(^-^)v


半袖で日焼け覚悟でかっとびました。

うちから自転車で20分くらいのとこに

ウェルピア葛飾のボランティア教室があり

そこで手話講習会が開かれています。


初級は私を合わせて36人の人が受講者。


週に一回二時間
2月の終りに修了式があります。

出席率は70パーセントないと修了証書はもらえませんp(^-^)q


締め切りにめげず休まず頑張って、

来年は中級~再来年は上級を目指して、

最後は手話通訳者を目標に!

頑張ろうと思っています。

今日は、色々な説明や教材の購入


自己紹介を手話で行いました(^^)

たくさんの名前を手話で覚えましたよ~(*^^*)


物のイメージできる手話はおもしろいですね!


オイラは本名が山本だから

山に本の手話(^^)

一番驚いた名前の手話は


斎藤さんでした:-O


なんと・・ヒゲの手話!

その手話の由来は

斎藤道三(戦国武将)のヒゲからきたものでした☆


おもしろいですよね~(*^^*)


開講式が終わった後に早速オイラの漫画
(ウーマン劇場女の感動物語6月号)を

吉田先生にプレゼントしました(^ー^)


先生はめちゃめちゃ満面の笑みで喜んで下さいました(*^^*)


日本語文章はもしかして苦手かなあ?とかも思ったんだけど、

漫画は絵があるからきっとわかるよね?とか思いました(^o^;)


ハーレクインの締め切り中でしたが、

ちょうど編集さんからの打ち合わせの電話待ちで
奇跡的に時間がとれて

今日は凄くツイテたな~(^ー^)


来週はもっときついかもしれないけど

頑張ろうと思います☆☆


もっとできる

まだまだできる


必ずできる(^o^)v
スポンサーサイト
愛アリガトウの感想第二弾です(*^^*)



みなさん、こんにちは~(*^^*)ハザマ紅実です。



また素敵な感想を頂きました。
本当にありがとうございますm(__)m


健さんファミリーはじめ、
健さんの友人のろう者の方々も感想ブログを読んで、

とても感動したとのメールを頂きました。


嬉しいですね!(*^o^)/\(^-^*)


第二弾の感想も届いておりますので是非読んで下さいね(^_^)v



ではでは以下感想文です。



【井上健さんさんの子供時代から描かれていて

感情移入して読めました(^^)

母親が将来を悲観して死まで考えたのを、

周りの人の助言で立ち直っていき、

伊藤さんのお母様も人並ならぬ苦労があったと思います。


幼い健さんが初めて言った「オカアサン」の一言、



死の間際にお前があの一言を言えた時が
一番嬉しかったと明かすところ、

母親の子供に対する愛を感じ涙が溢れました。


漫画を通してろう者に対しての世間の冷たさ、

理不尽なことがあると知りました。


融資の条件が厳しい、

交通事故にあったろう者が自分の言い分を聞いてもらえないなど、


健常者の驕りだと思いました。


健聴者の妻をもらえば通訳になってもらえるという道もあったのに、


同じく耳が不自由だけれども愛する美恵子さんと結婚し、


健常者とろう者の架け橋となるべく
活動を続ける健さん美恵子さんご夫婦に
いろんな方が勇気づけられたと思います。


できないと諦めて、
自分で可能性を狭めては駄目なんですよね。


前向きさを思い出させてくれる素敵な漫画をありがとうございましたm(__)m


先生の漫画から健さんさんのお人柄が伝わってきました。

先生の漫画には人生が詰まっていてすごいです

(群馬県・CNさんより)】




【とっても良かったです(ToT)


大変な事が山ほどあったのに…(T_T)

漫画の中では、悲愴感漂わなくて
苦しい事ばかりしか見えない将来に

不平不満を言わず

ただ前を向いて、歩んで行った道は、

麗しいと思いました(*TーT*)


清らかな心で自己犠牲を惜しまずに

他の人の為にもご夫婦で立ち向かう愛は

感謝の輪が広がって・・


奥様が亡くなった(TT)今でも

健さんは多くの人の心に太陽の様に

暖かい光を与え続けているんだと思いました☆


ハザマ先生の漫画をとうして、全国に広がって行く事は素晴らしいですね!
(東京都・RYさんより)】
【愛アリガトウ】の感想を頂きました(*^^*)



みなさん、こんにちは~(*^^*)ハザマ紅実です(*^o^)/\(^-^*)



今回、頂いた感想を読みながら、
オイラ自身も感動してしまいました。


読者のかたが、漫画を読みながら、主人公の健さんと気持ちが


深いところで繋がってくださったような気がします。
今回は本当に漫画家冥利につきる作品となりました(T-T)


本当に本当にありがとうございましたm(__)m



ではでは以下頂いた感想文です。




【読んでいて、胸が熱く、切なくなりました。

親子の愛、夫婦の愛が、本当に自然にそこにありました。


きっと誰しもが、健さんのように、
奥さんのように生きたいと心の奥深くでは望んでいるからなのでしょう



特に、お母さんが亡くなるとき、

健さんの幼い頃を回想するところは、
涙が止まりませんでした。

お母さんの我が子健さんへの思いが、
苦しいほどに伝わってきました。


いつもながら、ハザマ先生の
人間に対する温かく深いまなざしには、心を強く揺さ振られます。


そのなかでも今回の「愛アリガトウ」は、
忘れられないものとなりました。


それから愛アリガトウは、今までの作品とは少し違いました。


何が違うのか考えたのですが…

今までは、主人公が自分のハンディを乗り越える過程の

葛藤や家族の支えが中心にかかれていたように思いましたが、



今回は健さん家族が、
家族と人のために生きていく姿だったように思いました。


健さんがお母さんと奥さんを見送ったのも、今までとは違いました。


それぞれが本当に尊い人生だけど、

今回の作品は、先生が目指したものに

たどり着いたものだったんじゃないでしょうか?


勇気をもらいました。

本当にありがとうございました。
(東京都・CIさんより)】




【昨日、ウーマン劇場6月号を入手し、

早速『愛ア・リ・ガ・ト・ウ』を拝読させて頂きました。


時代?背景や、話の展開がいつもと違うし、

この先どうなるんだろう?
と思いながら読破したんですが、


途中から何度も涙は出てくるし、

考えたり考えさせられたりとまた違う意味で感動しました。


仕事柄、色々な方と接するのですが、

なかにはろう者の方もいらっしゃいます。


残念ながら私は手話が出来ないので、
筆談になったりもします。

でも、何度か顔を合わせるうちに
相手が何を言いたいのか、解るようになったりもします。


健聴者が自然に振る舞えることが理想なのですが、
なかなか難しいですね。


井上さんが共に通じ合う社会を作る夢に

邁進されていることに深い感動を覚えました。

是非、頑張って欲しいです。

また、奥様が難病で苦しんでおられた最中に、

人生の後押しをして下さったお母様を亡くされ、

その後奥様まで見送られ、悔しい思いも多々あっただろうとお察し致します。



奥様の難病はよくテレビ等のドキュメンタリーで見聞きしますが、

徐々に身体の機能が失われていくのは端で見ている者にもたまらないことです。


まして、ご家族や闘病されているご本人にとっては

言葉に出来ないほど辛いことです。


治療法がまだ見つかっていないというのも怖いです。
憎むべき病気です。


そんな中でも、暖かい家族愛に溢れ、
多くの仲間達に支えられて、本当に良かったですね。


いつか井上さんの落語、お聞きしたいです。

これからもどうか奥様やお母様の分まで生き抜いて下さい。
応援しています。


ハザマ様、今回も素敵なお話をありがとうございました。

私は意外と涙腺が弱いので、今、メールを打ちながらも涙が出てきます。

思い出すだけでもダメです。

でも、井上さんのように懸命に生きておられる方は素晴らしいです。

お手本のような方ですね。

また、井上さんのような方をハザマ様のペンで紹介して下さいね。

楽しみにしています。

(広島県・YTさんより)】


ウーマン劇場「女の感動物語」6月号が6日に発売されるよp(^-^)q



みなさん、こんにちは~☆ハザマ紅実です(*^o^)/\(^-^*)



今回の作品
ろう者の井上健さんと奥さんの恵美子さんの

愛と闘病、そして夫婦の夢を描いた

「愛ア・リ・ガ・ト・ウ」P100(巻中カラー)が掲載されている


ウーマン劇場「女の感動物語」6月号が


5月6日の木曜日に発売されます(*^^*)

【ウーマン劇場女の感動物語
定価630円
竹書房発行


よかったらお手にとってみて見てくださいネ(*^o^)/\(^-^*)


最寄りの本屋さん、
セブンイレブン等コンビニにてお買い求め頂けます。



また、売れ切れて入手困難、という声が多い為、
店頭にてご予約して頂けますと確実です。

ネット通販Amazonでも取り扱っておりますので、こちらからご利用もできます。


お手数おかけしますが宜しくお願い致します(^∧^)

よかったら是非お手にとってみて下さいね☆




今月号ではオイラのオススメ作品が2つ!!

巻頭の奈良郁子先生の

大人気シリーズ
「背中のまーちゃ番外編~最後の贈り物」と


長崎さゆり先生の作品!!


まーちゃは癒しと元気

温かい気持ちになれる☆
心に栄養をたっぷり与えてくれるお話です。


そして長崎先生は深い洞察力のあるいつもながら手応えたっぷりの作品です(*^^*)


その他にも、大反響シリーズ「天使のてのひら」第二弾等々

心ガッチリキャッチな

ハートフルで

等身大な感動が
いっぱいありますので、

一冊まるごとたっぷり楽しんで頂けます(*^o^)/\(^-^*)



よかったら巻末アンケート等も送って下さると
大変ありがたいですp(^-^)q


感想も是非お聞かせ下さいね(⌒‐⌒)


楽しみに待ってま~す\(^o^)/

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。