プロフィール

ハザマ紅実

Author:ハザマ紅実
・1959年10月20日生まれ
 てんびん座 A型

・1981年小学館「ちゃお」にて
 デビュー。
 週間少女コミック、コロネットを
 経て、現在は宙出版、竹書房
 各誌にて執筆中!!

・竹書房から発行されている主婦・
 女性向け雑誌の「ウーマン劇場」
 にて、主に逆境を乗り越えた
 『成幸者』を支える妻たちの
 感動実話を執筆。

・読者に愛と勇気、希望と救いを
 与えられるような作品にする為
 日々努力します!!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ(タブ)


全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは~p(^^)qハザマ紅実です

今日、石坂あきらさんより、メールを頂きました(*^_^*)

すごくすごく嬉しかったので、一部紹介させて頂きます(T▽T)


「先日は、鳥取県・CTさんのメールをいただきありがとうございました。

以下、引用です。…
「石坂さんご夫妻の人生があり、ご夫妻とハザマ先生が出会い、
漫画という作品が生まれて、それによってご夫妻の人生がたくさんの人に読まれ、
読んだ人が感動して、その感動がご夫妻に届き、
それによってまたご夫妻が励ましを得る

世の中には目に見えない幸せの連鎖があり、

そこに行きたいと思えば、自分の心の窓を開けておくことだけなんだなと…

そんなことを思いました(*^_^*)」
(鳥取県・CTさんより)

この方のメールのように、マンガが出てからは実感しています。

うちの治療院に来られる患者さんで
気心知れてる人たちには柔道を通じて学んだ ことや
視覚障害があることが不幸とは限らないなどの話を普段からしていました

ので、その人たちの感想は…

「今まで聞いた話やらが圧縮してあるような感じでしたね。

ほんとにすごくいい お話でした。よかったです。」
といったものでした。

この人には、今までの経験を分かち合うことができると感じたら、
いろいろな話 をします。

そんな何気ない話でも、元気が出ると
よろこんで帰っていただけることもあります。


ですが、間の取り方が難しい患者さんたちもおられます。

これは、友人関係においても同じで、
ある程度深い仲になるとそのような話もできますが、
表面だけの付き合いという方たちもおられるわけで、
そのような人たちには、自分たちの経験やら考え、

今までの思いなどは話したことなかったのが 実情でした。

それが、今回、深い話をするまでに到らなかった多くの人たちにも

マンガという 形で、自分たちの
いろいろな経験や思いを知っていただく機会となり、


「マンガの影響力は、すごいね」

と最近よく夫婦で話をしているしだいです。


今回マンガの発売後、お世話になっている人たちには
いくつかマンガを持っていきました。

また、広島などの会う機会の少ない真美のおじさんなどは、

マンガを買ってすぐ に送ったのですが、
もうすでに買って読んだとのことでした。

そのおじさんは、何度かしか会う機会なかったのですが、
いつも気に掛けているようなやさしい方で、
夫婦でマンガを読み涙したとのことでした。


遠くにいるので知らない真美たちの生活を
垣間見ることができたことをとても喜んだとのことでした。



あと、美礼の保育園などは、
反響がものすごかったです。

でて翌日に担任の先生と園長先生にと2冊持っていきました。


担任の先生はすでに昨夜買って読み、
ものすごく感動しましたとのことでした。


その何日かあとに延長先生のお母さんが10冊ほど持ってきてほしいといわれ、

うちの母が10冊ほど買って持っていくことになりました。


そのあとも、また10冊といわれ、
近くの本屋さんに問い合わせて10冊だけ、
なんとか確保できました。


それが昨日もまた、あと30冊ほしいといわれ、

もう近くの本屋さんでも買えない
といわれたことを伝えました。


そうしたら、帰りのお迎えのときに
事務の先生がコンビニなどに問い合わせて
なんとか16冊手に入りましたと報告を受けました(笑)。


とにかくとても喜んでいただいたことにちがいないようでした。


報告すると、書ききれないくらいまだまだいろいろありました。



年が明けてから、仕事が忙しいのに、
さらに「出し切る(by斎藤一人さん))の心がけでくらしていました。
(注※(ひとりさんの話~ 実力があるのに、世の中うまく行かない人は、
力を出し切っていない人なんだよ。
出し切って生きていく人は、どんどん人生よくなっていくんだよ~という話)


ようやく今日時間のゆとりを感じて、メール書いています。

返事がずいぶん遅くなりすいませんでした。」



(T_T)ううう・・
本当に有り難いメールでしたm(__)m
描かせて頂いて、本当に心より感謝しております☆
感想メールが届きました☆私も静岡、STさんに応援エールを送ります!!
頑張ってください\(^O^)/以下感想文紹介です(^^)v



「新刊愛が見える」拝読させていただきました。


視覚に障害がある方の気持ちに立たれて書かれていました。


中でも「目が見えなくても、
気で相手の気持ちが伝わる」描写が熱く伝わってきました。


「観」を感じられる素晴らしい内容でした。
ありがとうございます。


私も今度、視覚に障害のある陸上短距離選手の
伴走の手伝いのすることになりました。


私の大好きな陸上競技の新たな一面を体験する
良いチャンスになりそうです。また報告します。


最後に、私の今年のテ-マは「点を線につなげて勝つ☆」です。


一日一日を大切にして、夢実現にまっしぐらです。
(静岡県・STさんより)
みなさん、こんばんは~(^ε^)-☆Chu!!ハザマ紅実です
感想の中で絵がお話にあっていた、といってくださる読者のかたがいましたが、
描いたハザマにとってありがたいコメントでした。
とても嬉しく励みになりました!ありがとうございまたm(__)m)
ではでは以下感想文です(^O^)/


「『愛が見える』を読ませて頂きました。

最初は一気に、2回目はじっくりと…。

健常者には想像もつかないようなことばかりの連続で、
大変な道のりだったろうと思いました。

それでもめげずに「見えないから仕方ない」にはしたくないと

前向きな真美さんの姿には感動しました。


また、ご夫婦を見守る周囲の方々のなんと心の暖かいことか、

美礼ちゃんもすくすく素直に育っている様子も
ほほえましく描かれていましたね。

結婚披露宴の媒酌人である松岡先生の言葉も
印象的で、ジ~ンときましたよ。

全盲だからと言って、逃げないで
前向きに生活することは、難しいはずなのに…。


それを見えなくなるとこんな苦労があるということより、

見えなくなってもこんなにも楽しく幸せに生きられるんだということを

教えてもらった気がします。

一生懸命生きている人は輝いていますね(^-^)。

100ページの大作、お疲れ様でした。
今回の作品も感動物でしたね。
素晴らしい作品をありがとうございました。
掲載も巻頭ではなく、全体を締めるために中盤へ配置したんですね。
重みがありましたよ。次回作も期待しています。頑張って下さいね。」
(広島県・YTさんより)
またまた感想メールが届きましたので、紹介です\(^O^)/


「ウー劇の作品、拝見しましたよ~!
辛い状況でも常に明るく前向きなお二人のお話、
ハザマ先生の作風にぴったりでした!!

愛のパワーが満ち溢れた作品をこれからもよろしくお願いします」
(東京都・SMさんより)



「大変なハンディを背負ってしまった苦労の中に

少しずつ見い出してゆく喜びが素敵に描けていました(T▽T)

色々な人々に出会えて、
それが大きな財産になって行くんですね!

それからハザマ先生の絵が良くあってて
見終わった後、ハッピーエンドで良くて心が軽くなりましたp(^^)q

何か解放された気持ちになれて
そして、また元気になって明るい自分に戻れました\(^O^)/」
(千葉県NKさんより)


「石坂さんご夫妻の人生があり、ご夫妻とハザマ先生が出会い、
漫画という作品が生まれて、
それによってご夫妻の人生がたくさんの人に読まれ、
読んだ人が感動して、その感動がご夫妻に届き、

それによってまたご夫妻が励ましを得る


世の中には目に見えない幸せの連鎖があり、

そこに行きたいと思えば、
自分の心の窓を開けておくことだけなんだなと…
そんなことを思いました(*^_^*)」
(鳥取県・CTさんより)
「愛が見える」感想メールの紹介です\(^O^)/
本当に有難う御座居ます。以下感想文です



「私が 今回の作品を読んで思ったのは…二点


ひとつは、 この障害を持つ夫を支える妻の話は三作目になるわけですが

テーマは同じでもそれぞれの作品が全く同じアプローチではない事です。



一作目の「愛は力」の稲葉さんの話は
視覚を失い 様々な苦難の数々を読みやすくまとめてあり

また 二作目の「奇跡の愛」の京谷さんの話では
障害を持つ夫を支える妻の困難などがリアルにかかれておりました。


そして今作は お互いが障害を持つという

更なる困難と闘いながらも
常に前向きに生きていく夫婦の初々しさ
若々しさが描かれいました。


三作品とも 視点が違い 読み手を飽きさせない仕上がりとなっており

読み応えがあるのではないでしょうか。


巧みなペン捌きで超抜作品を産み出すハザマ先生は
まさにウー劇の申し子
ミスウー劇と呼べるでしょう。」
(千葉県・KTさんより)



「ハザマ先生の新作読みました!

会社内で読んだのですが、涙が出そうでした(T_T)


とっても勇気が出ました。素敵なご夫婦です。

次回作も楽しみに待っています\(^O^)/」
(埼玉県・MAさんより)

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。